« 札幌の会合へ | メイン | スターバックスコーヒーの謎 »

一本だけ前歯が出ている時の矯正

あるサイトで、一本だけ前歯が出ているので部分矯正を考えているという方がいて少し考えてしまいました。

一本だけ歯の位置がずれていると、普通の方はその歯だけを動かせば噛み合わせがきれいになると思うようです。また、実際、そのような部分的な矯正が可能な歯並びの方も「時には」いらっしゃいます。

けれども、多くの場合は歯の生える場所が足りなくて、その一本の歯が歯並びから、おしくらまんじゅうに押された子供のように、押し出されてしまっているのです。この場合、押し出された一本の歯をいくら動かそうとしても、歯並びの中には入れてもらえません。周りの歯を動かして、一本の歯を中にいれる場所ができて、初めてその歯を動かすことができます。

そのために、親不知や、他の歯を抜かなければ十分な場所が無い場合もあります。上の歯を動かすと下の歯との噛み合わせが悪くなりますので、上下同時に矯正する必要も出てきます。

一本の歯が良い位置にならぶためには、他の歯の位置も変わらなければならないケースの方が多いのですが、なかなかこの事を説明しても分かっていただけない場合があります。模型や治療の写真等を用いてご説明するのですが、その方としては、『他の歯はきちんと咬んでいるのだから動かす必要はない』という気持ちからなかなか離れられないようです。

十分理解していただける説明をするのは、難しいものです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dendendental.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/290

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Calendar

2008年05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク