« 高校野球(2) | メイン | 今夜は特訓再び »

歯医者ってこう思われているんですね

ITmedia オルタナティブ・ブログといういろんな人のblogを集めたようなサイトの更新情報をRSSリーダーでときどき読んでいます。自分に関係ない業界の事が多いのですが、新しい技術の話、転職関係の苦労など、面白い話題が満載です。

昨日たまたまみると「やったるで 中国」に、「歯医者を思う」というエントリーがアップされていました。

blogを書いている渡部弘毅さんは、忙しい仕事の合間を縫って歯科に通院中ですが、「どうして一度に治してくれないのだろう?」という疑問を抱いていらっしゃるようです。

そしていつも、なぜ1回で全ての処置をしないのだろうと思います。 本日も1箇所虫歯の治療をして実質5分程度の時間でした。前回は3週間ほど前で、別の箇所の虫歯治療でやはり5分もかかっていません。「次は奥歯の歯石をとりましょう。」と言われました。おそらくそれも5分程度の時間ではないかと思います。

私が思うには
1)一回にたくさん治す事で、かみ合わせが崩れる事を恐れ、少しずつ経過をみながら治している
2)非常に混んでいる歯科医院で一回の予約時間がほんの少ししか取れない
3)保険診療のため、一回にたくさん治すと診査でチェックをされる可能性がある
こんなところが原因ではないでしょうか。

3)は少し解りにくいと思いますが、簡単に言うと「一回の治療内容が普通より多すぎると、やっていないことを保険請求しているのではないかと疑われる可能性がある」ということです。一回にたくさん治療を行なうと、一か月の一人当たり平均の保険請求点数が高くなってしまうため、上記のようなチェックの対象となる場合があります。

又、通常一回では行ない得ないとされている治療もあります。
たとえば、渡部さんが次回受ける歯石とりですが、これを一回で全部の歯に行なうのは通常難しいとされています。このへん、なぜ?と聞かれても答えにくいところですが。

というわけで、保険診療の範囲でつぎのような歯科医院を運営する事は難しいのです。
もちろん、全て保険外診療で行なうのであれば、問題ないでしょう。

忙しいサラリーマン向けに、「1回で全ての治療を済ませます!!」というキャッチフレーズの歯医者が登場したら繁盛するのではないかと思ったりしています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dendendental.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/725

コメント

私のブログを読んでいただいてありがとうございます。また丁寧な解説ありがとうございました。
なるほど、理由の1)とか3)は思いつきませんでした。通っている歯医者さんは腕は確かで、結構繁盛(医者では言わないですね、、、)していますし、我家の家族もお世話になっていますので、せっかちなこと言わずに気長に治療することにします。
よく都会のオフィスビルの1Fに歯医者さんが開業しているのを見かけますが、「こんなオフィス街で患者がくるのだろうか?みんな仕事さぼって来てるのかな?」とか思ってましたが、1回5分程度の時間なら、勤務地の近くにあった方が継続通院できますね。ちゃんと需要と供給が合致した結果だというのがよく分かりました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Calendar

2008年05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク