« 今日のいい話08.03.12 | メイン | こんなものがあるなんて:脳内blogメーカー »

いつもあるとは限らない

今日は、たまたま、大人の歯の数がそろっていないお子さんが二人続けて来院されました。

一人は以前から通院中で前から分かっていた方。
もう一人は永久歯の生える位置がずれて乳歯が抜けずに来院され、
歯の数を確認するためにレントゲンをとったら永久歯が1本足りなかった方です。

いみじくもお母様が
「そういう人がいると聞いた事はあるけれど、うちの子がそうとは思っても見なかった」
とおっしゃいましたが、誰もが乳歯はちゃんと生え変わるものと考えています。

けれど、普通の方が思っているより、永久歯の数が少ない方、多い方はたくさんいらっしゃいます。
本人も気づかずに大人になって、すこし隙間のある歯並びになっていたり、乳歯がずーっと残っていたり、
そういう事もあるものなのです。


永久歯がないときどうするべきか?悩むところです。

 他の歯の生え変わりのとき一緒に抜けて、そのままスペースが閉じてしまい、
 ちょっとバランスがわるいけどそのまま。
 年齢が高くなってから抜けてしまい、隙間をブリッジやインプラントで補う。
 早くに乳歯を抜いて、矯正して閉じてしまう。
 とりあえず、何もせずに、持つところまで持たせる。

1本、2本であればいろいろ方法は考えられますが、多数の歯がない事もあります。
どこまで持つかわからなくても、「せめて乳歯が残っていてくれたら」と思った事もあります。

「どうせ抜けるから」と思わずに乳歯も大切にしてください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dendendental.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1208

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Calendar

2008年05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク